本文へスキップ

国立公園の中で大地に還る樹木葬霊園 東京都東大和市 / 伊豆大島

樹木葬とはWhat's Jyumokusou

樹木葬は、現地に自生する苗木や花を植えた里山を区画し、そこにお骨を埋葬する葬法です。墓石を設置せず、墓碑として樹木を植裁するため、外観は自然の里山のような景観です。

千の風みらい園の旧樹木葬区画。埋骨後にご遺族がガーデニングする様子
  • 墓石を使用せず、樹木や花を植えて墓碑とする葬法が「樹木葬」です。
    1999年、岩手県一関のお寺が日本の発祥です。
  • 植裁した木々がやがて育ち、墓地全体が里山として保全されますので、環境保護、里山保全やエコロジーの観点からも注目されています。
  • 山や動物、自然を愛する人に多く選ばれています。
  • 家族代々で継いでいくお墓としてはもちろん、おひとりやご夫婦のみでも入れるお墓としても注目を集めています。
  • 子孫や家族に没後の面倒を掛けたくない、お墓の継承者がいない、孤独死が心配などの方に向けて、生前契約や永代供養が用意されています。
  • ご友人同士や内縁など、血縁関係や婚姻関係にない方でも一緒にお墓に入ることができます。また、ペットと一緒に眠れるなど、日本の一般慣習にとらわれないスタイルも特徴的です。
  • 自然が溢れる国立公園内で、桜の木に囲まれて眠れるのは、千の風みらい園ならではの特徴です。
  • 法事、法要は通常と同じように行うことができます。
  • 樹木葬には、墓碑として各区画に低木を植える葬法と、各区画にはプレート等だけを設置し、一帯の墓碑となる樹木を植える葬法があります。後者には個人葬と合葬(合祀墓)があります。

樹木葬 埋葬のしかた

埋葬にはカロート(納骨室)を設置せず、60cm~1m程度掘り下げた土中にご遺骨をそのまま埋葬します。(骨壺は使いません)

千の風みらい園の場合、樹木葬「希望」(契約プラン名)では、埋葬した墓碑として、 1 区画に 1 本の低木を植樹できます。サツキ、ツツジ、ユキヤナギ、ヤマブキ等から選ぶことができます。
その他の区画では樹木は植えられませんが、周囲には大島桜、もみじ、サルスベリ、カキなどが植えられています。木々は毎年育ち、種類によっては花をつけますので、墓参の度に樹木の成長を楽しんで頂くことができます。

樹木葬か個人葬の場合、眠っている方の名前などを残したい場合、ご遺骨を埋葬した場所の上に、お名前を彫ったプレートを置くことができます(プレートは別途料金)。合祀墓の場合は共同墓のため、お名前のプレート等はありません。

なお、骨壺を使用しての埋葬をご希望の方には、「樹木葬専用の骨壺」をご用意しています。コーンが主原材料で、土中で自然分解して堆肥となります。ご希望の方はご相談ください。
> 樹木葬専用骨壺のご案内

樹木葬地に納骨する様子(旧区画)

自然を愛する方が選ぶ葬法

自然環境保護や地球にやさしいエコロジーを重視する方や生活スタイル(ロハス)が増えています。樹木葬も自然環境にやさしい葬法として注目されています。

樹木葬は自然を保護し、自然と共生し、自然の中で永遠に眠ることがなにより尊重されていて、間伐した野山に埋葬とともに樹木が植えられ、やがて里山となり、その里山は墓地として永遠に保全されます。

そのため、「自然を愛し、大切にしている」「やがては自然に還りたい」「死んでまで自然破壊に荷担したくない」「千の風になって海を渡る想いを実践したい」という思いの方々を中心に支持され始めているのです。

千の風みらい園の樹木葬区画の写真

子供たちにお墓の負担をかけたくない、という思いに

樹木葬が注目されているもうひとつの理由として、家族構成の変化が挙げられます。核家族化が進んだ結果、お墓を代々継承していくという慣習にも変化が現れました。

「子孫がお墓を継承していくかどうかは、子孫自身の意志を尊重したい」
「自分の人生は没後も自身で責任を持ち、子孫には負担をかけたくない」
「立派な石墓を建てても管理したり維持していく継承者がいない」
「華美で高額なお墓より、シンプルなお墓で十分・・」

などの理由から、高額な初期費用が要らない樹木葬を選ぶ方が増えています。
また、「千の風みらい園」では、継承者がいない方のためにもご遺族に代わって回向供養や供養祭を行ったり、没後のお墓の管理を保証する「特別管理料制度」を設けています。お気軽に御相談下さい。

千の風みらい園の樹木葬「希望」区画のイメージ写真

樹木葬について更に詳しく知りたいときは・・
> 樹木葬 Q&A (もっと知りたい樹木葬)

お電話でお問い合わせ 0120-381-114